チラシ印刷を格安でできる印刷通販会社ランキング

top > チラシ印刷情報 > チラシとフライヤーの違い

チラシとフライヤーの違い

 現代にあっては、大まかに区分けしますと、チラシに関しては、新聞において折り込みされそれから、フライヤーにつきましては、店等におくものを意味していることが多いといえます。
それを受けて、この二つの方法では機能が異なってくることから、作成にあたりポイントとなるところが異なっています。
前者につきましては、新聞の広告において折り込まれるといったもので、日常生活で見掛けることが多いものになります。
それを受けて、印象にとどまり易いデザイン性であることが肝要になってきます。加えて、同梱される傾向が強く、その結果区別化したデザイン性でなければ注目されることが困難だといえます。
それに対して、後者につきましては、手に取ること、さらに持って帰ってもらうことが大切になります。

 両方とも、非常に大きな意味を含めていえば集客することが目標のツールになると考えられます。
しかしながら、活用方法、あるいは販売促進のアプローチなどで違いがあり、デザイン性に関しても非常に大きく違ってきます。
チラシにつきましては、新聞の折り込み広告という形、あるいはポストに投函されるケースが多いものになります。
その影響で、注目されるよう、目立たせたり関心を引く広告文などのアレンジがされます。
それに対して、フライヤーは決められた所に置いてもらう形式で配られることが多いといえます。特に目立たせる必要性もないことから、インパクトのあるデザイン性というよりどういった告知か確認できるレベルのものが多いといえ、表面的には小洒落た感じのもの、あるいは商品をイメージするようなデザイン性であることが多いといえます。

 チラシにつきましては主としてプッシュ型と言えます。
販売品のキャンペーンであったりセールに関する情報などのアドバンテージとなる情報など、たくさんの人に関心を持ってもらいたい中身の告知に活用するのが賢明でしょう。
差別化もしやすく埋もにくい確率が高いです。
加えて、形的にも広い範囲に亘る方法で配布がしやすいといえます。それに対して、フライヤーに関してはプル型のツールといえます。
サイズそのものが非常に小さくそれほど重要な情報を埋め尽くすことができないこともあって、一目見た瞬間にどういった告知か確認できるようなイベントの開催に関する情報であるとか、ヘアサロンもしくはネイルサロンといった店の告知に活用されることがよくあります。
定められた所などに置かれるケースが少なくないので、デザイン性も凝ったもの、あるいはセンスが良いものなどが非常に多いといえます。

次の記事へ

カテゴリー